読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやく真人間になりたいよぅ(仮)

ゆるミニマリストの元ヒキニートが真人間になるためのブログ@oekakids

自分と相手を入れ替えても同じことを言えるか?

随筆

何かを主張するとき,ポジショントークになりがちです。

そのことに自覚的でない人も多いかもしれないけれども…。

 

もちろん,この記事もポジショントークなのかもしれません。

いや,「なのかもしれません」ではなく,ポジショントークですわwww。

 

ジョン・ロールズの『正義論』に「無知のヴェール」という考え方があります。

 

正義が、先験的に与えられたものではなく、社会の構成員が合意した原則によって決まる、と考えた。 そのとき、社会の構成員は「無知のヴェール(the weil of ignorance)」におおわれた状態で、正義の原則を選ばなければならない。

「無知のベール」とは、自身の位置や立場について全く知らずにいる状態を意味する。 一般的な状況はすべて知っているが、自身の出身・背景、家族関係、社会的な位置、財産の状態などについては知らない、という仮定である。 自身の利益に基づいて選ぶのを防ぐための装置だ。 それを通じて、社会全体の利益に向けた正義の原則を見いだせるようになる。

 

引用先:

無知のヴェール

 

誤解を恐れずザックリ言ってしまうと,「自分と相手(弱者)を入れ替えても同じことを言えるか?」みたいな感じです。

 

自分の正しさを主張する場合,どうしても片手落ちになっている人が多いような気がします。

 

自分の正しさを主張する場合,自分が安全圏にいたり,立場が上だったり…そゆことが前提になっていたりします。

 

まぁ,こんなことを言ったところで,現実のごり押しをされてしまうのだけれどもwww。

 

自分の正しさを声高に語っている人は,ちょっと苦手です。

何でかと言うと,やぱり自分が否定されているように感じてしまうから,なんでしょうね。

 

かと言って,自分の正しさを語るな!なんて言えません。

言論弾圧になってしまいます。

それはそれで不健全です。

 

なので,ここでひっそり愚痴っておきますwww。

 

 

それぢゃね!