読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやく真人間になりたいよぅ(仮)

ゆるミニマリストの元ヒキニートが真人間になるためのブログ@oekakids

(ミニマリスト)ブロガーが本を出版するとブログの更新が減る理由

ミニマリストブロガーが本を出版するのを度々見かけます。

 

羨ましい。

オイラにも出版依頼来ないかなw(待て)。

 

で,多くミニマリストブロガーに見受けられるのが,本の出版以降,ブログの更新が著しく減ることです。

 

本を出版することによって,メディアから執筆依頼が舞い込んでいるせいかもしれません。

意思力は有限なので,そちらに意思力を使えば,今までのようにブログの更新が減ってしまうのは当然です。

 

あるいは,本を出版することが(ミニマリスト)ブロガーにとって一つの区切りなのかもしれません。

 

本を何冊も出版している人にありがちなのが,重複する内容が多くなっていき,真新しさがなくなることです。

 

オイラの持論ですが,一般論として一人の人間が本にできる内容って新書1冊くらいなんじゃないのかなぁ…なんて思っていたりします。

 

何が言いたいかというと,1冊でも本を出版してしまうと,もう書くことがなくなってしまうのではないか…と。

 

それで,ブログの更新も滞ってしまうのではないか…と。

 

以下,余談です。

 

「一人ひとりに違う人生がある」とよく言われるけれども,「一人ひとりにそれほど違いはない」とも思ったりする。

 

食べて,出して,寝てを繰り返し,やがて死ぬ。

本質的に人はそれほど変わらない。

 

あえてブログに書くことなんて,実はそんなに(ほとんど?)ないのかもしれない。

 

だがしかし,「もしかしたら…」と一縷の希望を託して,今日もブログを更新するのであった…(;´∀`)。