読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやく真人間になりたいよぅ(仮)

ゆるミニマリストの元ヒキニートが真人間になるためのブログ@oekakids

すぐに使えるダイエット方法論

■ゆっくり食べる

  • 時間をかけて食べると摂取量が少なくなる。
  • 脳が実際より多くの量を食べたと受け取るから。

 

■飲むなら細長いグラスで

  • グラスの口の広さに関係なく、中に見えるアルコールの高さが量の判断と結びつくらしい。

 

■おいしいものは、視界から遠ざける

  • 食べ物や飲み物を視界から数メートル遠ざけるだけで、消費量を減らすことができる。

 

■食べるときは集中する!

  • 食べている最中にほかのことに気を取られ、食べ物から注意がそれていると、食べる量が多くなる。
  • TVを見ながら食べるのをやめましょう。

 

■大きな食器にご用心

  • 食べる量は、器やスプーンの大きさにも影響される。
  • 減量を目指すなら、あなたが使う食器やスプーンは小さめに。

 

■食事日記をつける

  • 自分がなにをどれくらい食べたか記録をつけると、減量効果がある。
  • 本格的な減量日記である必要はない。
  • 自分が食べたものをメモパッドに走り書きするだけでいい。
  • 自分が食べたものを日々自覚することが、それまでの習慣を改め、食べる量を減らすのに役立つ。

 

■後悔を励みにし、ジムでは鏡を見ない。

  • あとで自分がどれくらい後悔するかを考えると、ジムにいくはずみがつく。
  • 鏡に映る情けない自分の姿に意欲をそがれ、プラスの効果よりマイナスの効果のほうが強い。

 

■体内のエネルギーを消費する

  • エレベーターを使うかわりに階段を上がる,など

 

■体型を鏡で自覚する

 

■小さな袋入りは逆効果

  • 小さな袋入りに安心し、自制心を働かせる必要はないと感じて、結局たくさん食べてしまう。

 

出典:

『その科学が成功を決める』

(リチャード・ワイズマン,文藝春秋,2010,p98-103)