読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやく真人間になりたいよぅ(仮)

ゆるミニマリストの元ヒキニートが真人間になるためのブログ@oekakids

スロットに行きたい衝動に駆られたとき,それを抑える方法論

健康 随筆

その昔,ヒキニートにも関らず,スロットにハマっていた時期がありました。

 

働くのが怖い,でもお金が欲しい。

それが動機であり,キッカケだったと思います。

 

当時,「もうスロットに行くのはやめよう」と何度も誓ったのですが,それでもホールに吸い込まれ,散財しておりました。

 

散財するたびに,自己嫌悪に駆られておりました。

軽い(?)ギャンブル依存症だったのだと思います。

借金を作ることはなかったものの,それなりのお金を使い果たしました。

 

今現在は,スロットから足は遠のいております。

しかしながら,今でもなお,お金が少なくなるとスロットに行ってお金を増やしたい気持ちに駆られることがあります。

 

恐ろしいことです。

 

ギャンブル依存症の方法論は,ネットで調べればたくさん出てきます。

  • 財布に1000円以上入れない(現金を持ち歩かない)。
  • ホールの前を通らない(ギャンブルに関する情報を一切シャットアウトする)。
  • 欲しいものリストを作り,スロットに行きたくなったら,欲しいものリストから1つ選んで,それを購入する。

……などなどです。

 

オイラもそれらを試したことがあります。

それなりの効果もあったと思います。

 

オイラが実践している,「スロットに行きたい衝動に駆られたとき,それを抑える方法論」も紹介したいと思います。

 

その方法論は,

『「スロット オワコン」「スロット 勝てない」などのキーワードで検索し,

スロットに関するネガティブな情報を見る』です。
 
スロットに関するネガティブな情報を見ていると,スロットに行きたい衝動が静まっていきます。
これは実際に体験してもらったほうが早いと思います。
 
「勝てそうな気がする」と思ってしまうから,スロットに行ってしまうのです。
「負けそうな気がする」と思えると,やっぱり行くのをやめておこう,と思えます。
 
簡単な方法論なので,スロットに行きたい衝動に駆られたとき試してみてください。
 
最後に,脱ギャンブル依存症のお勧めサイトをいくつか紹介したいと思います。